建物の一番高い場所ですとか、もしくは空き地などのまわりにさえぎるものがない場所にて、発電をすることを考えるのが良いです。
そして、ソーラーパネルを設置することが出来るある程度広さがあるところを選びましょう。
街中でしたら屋根を選ぶという話をしましたが、それ以外にも設置をすることが出来る方法もあります。
例えば屋上にも取り付けが可能なのです。
屋上というと、ビルの屋上などを思い浮かべるかと思うのですが、平らな場所にも取り付けが出来るようになっています。
ソーラーパネルについては、ある程度角度をつけて取り付けをする方が良いです。
太陽の光を出来る限りあてるためには、さえぎられるものがないという条件が大切です。
一番高い場所であっても、まわりに建物が建っている場合ですと、影の出来方によってはさえぎられてしまうこともあります。
例えば真横ではなくて、近くに高い建物が建っているとしましょう。
午前中は日が当たるんだけど、午後になってからは影が出来やすいとしましょう。
その際に、角度をつけてソーラーパネルを設置することで、出来る限り太陽の光を当てることが出来るようにもなるんです。
では屋上についてはどうなのでしょうか。
屋根でしたら角度がついているので、問題はありませんね。
しかし屋上ですと平らな面になっているので、そのまま設置をしてしまうとなかなか発電しづらいかと思います。
そこで、斜めにして取り付けをするんです。
ソーラーパネルを置く台を用意して、その上にソーラーパネルを置きます。
台は角度をつけてななめにしておくんです。
すると、平らな場所でもある程度角度をつけて、設置をすることが可能になるんです。
この方法は、屋上があるビルなどで使われているのですが、マンションでも活用がされています。
屋根がついている場合もあれば、屋上がついている場合もありますね。
これによって、一戸建てだけではなくてマンションでも太陽光発電が有効活用されているんです。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>