最近は雪国でも発電できる太陽光発電システムが作られてきて、これまでの雪の多い北国で、太陽光を利用しての発電なんて無理という考えが、覆されてきました。
実際、企業によるメガソーラーの運営も、雪の多い北の方の土地で行われ、稼働していますから、条件を満たせば雪の多いところでの太陽光による発電も可能になってきたわけです。
その技術の高さ、進歩には、日本のメーカーの開発力のすごさを感じてしまいますが、北国で暮らす人々に、次世代エネルギーによって生活できるという希望を与えられたことが、何よりもこの技術開発のよさだと思います。
太平洋側であること、日照時間が長いこと、雪が降らないことなどが、これまでは設置のための条件とされてきましたが、雪国であっても条件次第では太陽光発電をとりつけることができるようになったのです。
考えてみれば、雪国だからと言って年中雪が降っているわけではありませんから、いかにして冬場の発電効率を高めるかを考えるといいということになります。
冬場の発電効率を高めるということは、年間を通してもっともいいコンディションで発電できる状態を作り出すということになりますから、冬場の劣性も他の季節でカバーすることが可能でしょう。
山形で太陽光発電をするとしても、南向きで太陽光パネルをたくさん並べられる形状の屋根のお宅であれば、発電は可能になります。
雪の日というのは不思議なもので、雪が降っていながらも太陽が顔を出すことがありますから、太陽光パネルに雪が積もらないようにさえしておけば、雪が降っているときでも発電できるのです。
むしろ、気温が高くなりすぎると発電効率が悪くなるという特性を持つ太陽光パネルは、気温の低さの方には耐久性があるのだそうです。
日当たりのいい南向きの広い屋根、そこに積雪しない角度で太陽光パネルを設置できたら、雪国である山形でも太陽光を取り入れた自然エネルギーでの生活が送れることでしょう。